5大モーターショーなんて言われますが、中でもパリモーターショーは最大の入場者数となることが多く、人気のあるショーです。

ジュネーブ、フランクフルト、パリ、東京、デトロイトの中では、パリは2番目に大きな都市圏人口となります。

一番は東京ですが、自動車に対する市民の興味は低いとは言いませんが、ヨーロッパ人には負けるでしょう。

結局パリが一番の観客数となるのもわかります。

ただし、フランスは、シトロエン、ルノー、プジョーと3大ブランドがありますが、いずれも人気があるとは言い難い。

高級ブランドを除けば、ヨーロッパではまずフォルクスワーゲンをはじめとするドイツ車を買うのが、概ね経済的余裕のある人の選択となります。次いでフランス車ときて、日本車が続く。SkodaとかSEATとかのややロープライスカーも選択肢としてあり、選ぶ幅が広い。

フランス開催のモーターショーでも、プジョー、シトロエン、ルノーは自国開催ということでフロア面積は広いですが、他の海外ブランドの存在感も大きいのが特徴です。

シトロエンなんかは日本では比較的マイナーな存在ですね。はっきり言ってしまえば、デザイン性も大衆車ぽくて凡庸なイメージがありますし、メカの信頼性もいわゆる仏車レベルとなると、日本では選ばれる余地が少ない。

あとコンセプトカーはデザインで頑張ってますが、市販型とは相当開きがありそうです。

プジョーとシトロエンは同グループ。日本で見かける仏車で最もよく見かけるのはプジョーじゃないでしょか。

近年のモデルは、ちょっとまとまりすぎていて、面白くない。2000年前後のモデルは、猫っぽくて面白かったです。

ルノーは日産との関係もあり、日本でも実は手に入れやすい。パーツ共用もいくらかされているという話も聞きますし、車種によってはプラットフォームまで共通化されていますね。ただし、どことなく日産車と似ているというか、日本車っぽいデザインなので、敢えてルノーに乗るという人は少ない。

ただ、ちょっと派手な雰囲気のあるメガーヌあたりは日本でもよく見ますね。カングーなんかも昔から知名度があります。

最近はこんな、一人乗り4輪も各メーカー多く出すようになりました。

アクアの燃費がいまいち

N-VANはサーファーにも使えそう

フリードで7人で旅行に行きたい

CX-5のワインディングが気持ちいい

ハスラーはおしゃれ軽

C-HRで海に出かけたい

VOXY

エクストレイル

ノート

ジューク

N-BOX

FIT

AXELA

ATENZA

フォレスター

インプレッサ

XV

スズキワゴンR

スペーシアが広い

スイフトでドライブ

ダイハツムーヴ

タント広い

レクサスNX

レクサスCT

フランス車

仏車

欧州車

ドイツ車

日本車

アメ車

イタ車

痛車

中古車

輸入車

逆輸入車

車種

ご当地ナンバー

ドライブナビゲーター

自動車修理

外車の修理

外車のメンテナンス

カーエアコン修理